僧形の皇子たちーいざ,吉野へー

僧形の皇子たちーいざ,吉野へーの講座を受講してきた.

講師は松田度氏(大淀町教育委員会)であった.

以下,概略である.

飛鳥時代,吉野へ逃れてきた僧形の皇子

・古人大兄皇子(吉野太子)

6456月 乙巳の変(大化の改新)

・大海人皇子(天武天皇)

6726月 壬申の乱


吉野

原吉野:飛鳥と吉野川に挟まれた地域

豊かな原野…はるか遠くに高見山,大和と伊勢の境

土田遺跡…大河吉野を見下ろす

古代庭園の発見:蛇行溝≒庭園…8世紀後半ごろに埋没

曲水の宴を思わせる郡家に接する庭園


地元の支援者

・吉野首(土田遺跡付近)

・国栖(宮瀧遺跡)

・阿太鵜飼


◎古人大兄皇子

6456月「吉野山」へ

12日 乙巳の変

   古人大兄皇子 法興寺(飛鳥寺)にて出家

13日 蘇我蝦夷 館に火を放ち自殺

14日 軽皇子(孝徳天皇)即位

6459月(もしくは11月)

古人大兄皇子は謀反の罪で一族とともに殺害

怨念が雲となって漂う


古人大兄皇子が吉野太子と呼ばれた理由

彼が吉野山へ行った理由

吉野山≒古人大兄皇子の「宮(皇子宮)」


二つの吉野山

→現 吉野山

→古 吉野山(奈良時代以前)


吉野・世尊寺

古 吉野山

比曽(蘇)寺…最古の山寺

沈水香の観音

吉野最古の木造彫刻

推古朝…淡路に漂着した香木

7世紀の瓦(吉野ではここだけで発見)

640年代 古人大兄皇子と蘇我氏ゆかりの仏匠たち…比曽寺,百済寺,山田寺

トヌカイト遺跡…比曽寺付属施設→吉野で初めて古代の硯出土

寺と工房

飛鳥寺と飛鳥池遺跡(造寺司)

比曽寺とトヌカイト

→渡来系氏族

比曽寺は吉野の中の飛鳥→渡来系工人:東漢氏

縁起絵巻

上巻 飛鳥時代の仏教伝来

・欽明14年(553年)5月 高脚浜に流れ着いた霊木

茅渟の海 光を放ちながら樟が流れ着く…放光樟で日本最古の造仏

池辺直→蘇我馬子の腹心

今,吉野寺に放光する樟の仏なり

下巻 復興譚


吉野と豊浦

日本霊異記 上 第5

飛鳥の豊浦堂安置日本最古の阿弥陀仏:吉野寺の本尊

→蘇我の法灯

蘇我大臣の法灯を吉野へ

蘇我の法灯をうけつぐため世俗を捨てる(僧形)

孝徳新政権⇔皇子宮(古・吉野山)へこもる

・蘇我の法灯の象徴を遷座

・支援者を古・吉野へ集める

蘇我と吉野:蘇我氏ゆかりの財産,工人…


◎吉野を継ぐ者

古人大兄皇子の死後…

蘇我氏 山田大臣(石川麻呂)…6493月 石川麻呂の変

山田寺(石川麻呂発願)にて一族とともに自害

蘇我本宗家(倉家)の内部分裂

ポスト石川麻呂をめぐって

・赤兄,果安:近江・大友皇子派

・安麻呂,鵜野讃良皇女:大海人皇子派


672年 壬申の乱

大海人皇子

1017

吉野入りを決意,天智天皇に許される

近江宮で出家,袈裟を着る

1019

吉野に出立,大臣らが送る

夕べ 飛鳥嶋宮で御す


吉野入りの実態

・舎人ら数十人の大集団

・鵜野讃良皇女,草壁皇子は嶋宮で合流

・行幸に近い


鵜野讃良皇女→天武天皇がやってくる下準備,吉野にいた?


忍坂皇家の血をひく:大海人皇子

蘇我倉家,忍坂皇家の血をひくハイブリットな存在:鵜野讃良皇女

→蘇我氏の法灯を受け継ぐ

大海人皇子:支援者・鵜野讃良皇女の懐に飛び込んだ→古人大兄皇子の古地へやってきた


720年 日本書紀

・持統天皇自身が自分のストーリーを

・消えない蘇我氏の血

・女帝の記憶 残したいもの,消したいもの

→倭姫=持統天皇と同等の立場(血統上も):記録があまりない


蘇我氏

→日本で最初に仏教を擁護した特別な血統


大化の改新

孝徳天皇 

蘇我蝦夷,入鹿:仏教の大事な部分を継承

→本当ならば聖徳太子とすべき(日本書紀は蘇我氏をけなしているのに)


持統天皇

30回以上も吉野へ

・比曽寺に立ち寄っている(宿泊)

・目指すは宮滝

→王権の神・大穴持(神祀りの宮)をうつす(三輪山から出雲へ)


聖武天皇も同じようなルートをたどった

疫病を抑えるためシャーマンとなる

九つの頭をもつ竜が吉野にいた

→失敗,二度と来ない…廃れていった


吉野という地の特殊性はいろんなところで語られているが,蘇我氏と結びつけるという発想は私の中では新しいものであった.

持統天皇行幸問題も,神祀りという従来の意見に大穴持を絡めて説明されており,この部分だけでももっと詳しくお話しを伺いたいと思えた.

また,いずれの機会を楽しみにしたい.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-07-31 19:26 | 講演会,シンポジウムなど
<< 大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチ... 「飛鳥学講演会」 推古女帝の時... >>