吉野への旅 一日目 ~金峯山寺蔵王堂~

吉野へ行ってきた.

今年,たくさんの吉野関連のセミナーを受講したのはこの布石である.


1日目

関東から吉野へ向かうとどう早起きしても吉野に到着するのはお昼ごろである.

お昼に葛うどんを頂いてから向かったのは金峯山寺蔵王堂である.

f0305926_18554048.jpg
この日の蔵王堂は特別仕様である.

まず,「秘仏本尊・金剛蔵王大権現が特別に開帳」されている.

さらに「役行者霊蹟札所 吉野山出開帳」が行われている.

もう一つあるのだが,そちらは後で触れる.


さて,私は御朱印を集めている.

そのため御朱印帳も購入することとなるのだが,吉野の御朱印帳は変わっている.

表紙のみならず,中のページも「木」で出来ているのだ.

f0305926_18561632.jpg
表紙には「世界文化遺産 紀伊山地の霊場と参詣道」,裏には「紀伊山地三霊場会」とある.

ということは,熊野や高野山でも販売しているのかと思い,尋ねてみると吉野だけではないだろうかとのことである.


こちらを購入して,向かったのは「役行者霊蹟札所吉野山出開帳」である.

これは「役行者霊蹟札所会」参加の三十六寺社が一斉に出開帳を行うというものである.

この日は金曜日の平日であったためか,あまり待つこともなく全ての御朱印をいただくことができた.

三十六寺社の方々の中には「木の御朱印」に驚かれている方もあった.

おそらく奈良県外からいらっしゃった寺社の方であろう.

「木の御朱印」は墨を吸込みにくいため,なかなか乾きにくい.

ドライヤーが用意されおり,皆様丁寧に乾かして頂いた.

本当にありがとうございました.

出開帳にやってきていた御神体または仏様方としては,やはり「役行者と前鬼後鬼」が多く見られたのだが,それぞれ個性がありながらもちゃんと「役行者と前鬼後鬼」と分かるのが面白い.

全てに手を合わさせて頂いた.


三十六寺社の後にお出ましなのが秘仏「金剛蔵王大権現」様である.

ここまで美しく色の残った仏様を見たのは初めてである.

その美しい権現様が三体も並んでいらっしゃるのである.

ものすごいど迫力でありながら,ちっとも恐ろしくないのは不思議であった.

慈悲を表すという青黒の肌のおかげであろうか.

順番を待てば権現様のすぐ近くで,障子のようなもので区切られた小スペースから権現様を拝むこともできる.

権現様を充分拝ませて頂いてから,昼の蔵王堂を後にした.


蔵王堂は昼で最後ではない.

吉野山の施設の宿泊者限定の夜間拝感「声明と闇に浮かぶ秘仏蔵王権現」に参加させて頂いた.

入堂後はロウソクの灯りのみで,声明の響く中,法要が営まれる.

御坊様方は袈裟装束ではなく,山伏装束でいらっしゃった.

声明はテレビでは見たことがあるものの,生で聴くのは初めてで心地よい響きであった(決して眠くなったというわけではない).

やはり鍛え抜かれた「山伏」であるからこそのあの声であろう.

今まで参加したことのある法要とは異なる点としては,「法螺貝」の音が聞こえてくる部分である.

太鼓も和太鼓サイズであり,音がよく響く.

そして蔵王権現様である.

やはり,夜のロウソクのみの灯りの下が一番,権現様を感じられるようだ.

恐ろしい御姿ではあるが,ひたすら静かで,全く怒っているように感じられない.

ただただ見守っていらっしゃるように感じられるのだ.

なかなかない機会に参加させていただいてありがとうございます.


ところでこの日は「世界糖尿病デー」ということで,糖尿病撲滅キャンペーンの一環で蔵王堂がブルーにライトアップされていた.

美しいので写真を撮ってみたが,やはり生でみるのとは大違いである.

f0305926_18550598.jpg
この日は風が冷たく体感気温がかなり低く感じられた.

吉野山ということで,厚着はしていったつもりだが,意識が停止するような瞬間もあった.

残念だったのはその一点くらいで,金峯山寺のみしか参拝できなかったが充実した一日であった.


二日目以降は次に続く.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-11-24 19:17 | 旅行記
<< 吉野への旅 二日目 ~大峰奥駈... 御法に守られし醍醐寺@松濤美術館 >>