伊勢から春日へ 補足記事

前回の記事に書くつもりで書き忘れたことがあったので,補足記事を書こうと思う.

春日大社には四柱の主祭神がいらっしゃり,春日神とも言われる.
春日大社宮司さまの説明に従うと

タケミカヅチー国譲りで活躍した日本神話最強の武神
フツヌシー神武天皇に東征の際に与えた布都御魂の剣を神格化した神
アメノコヤネノミコトーアマテラスの天岩戸隠れ際に,岩戸の前で祝詞を唱えた神
ヒメガミーアマノコヤネノミコトのお世話をする神.現代でいうところの奥様.

また,アマノコヤネノミコトとヒメガミとの間にお生まれになった若宮もいらっしゃる.

今回のシンポジウムで神宮大宮司様はこうおっしゃった.
「春日神は私の氏神様にあたります」

春日神といえば,藤原氏の氏神として有名である.
そして,神宮大宮司様のお家の鷹司家といえば,五摂家の一つで藤原北家の嫡流であり,またこの家から藤氏長者も輩出している.
藤原氏の名門中の名門といえるであろう.
神宮の主祭神であるアマテラスを氏神と言えるのはもちろん天皇家のみだから,いくら大宮司さまといえども,アマテラスを氏神様とおっしゃることはないわけだ.
当然のことながら,大宮司様がおっしゃるまで気づかなかった。
注意が足りない,反省.

ちなみに,春日大社宮司様の花山院家は摂家に続く,清華家にあたり,こちらも藤原北家から分かれた家にあたる.
よって,春日大社宮司様の氏神は間違いなく,春日神となるわけである.

藤原氏のひろがりを感じるものである.

最後に今回のシンポジウムがニュース記事になっていたのでリンクを貼っておく.
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20140407-OYTNT50088.html



[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-04-09 20:20 | アマテラスと伊勢
<< 「脇本遺跡の調査結果から古墳時... 伊勢から春日へ② >>