タグ:春日大社 ( 5 ) タグの人気記事

奈良の旅ー山の辺の道ー 3日目

f0305926_18052928.jpg



センバツ高校野球は3日に閉幕した.

毎年のことながら白熱した戦いで,平日はリアルタイムでTVにかじりつけないのが残念である.

さて,この奈良の旅の時はまだセンバツ高校野球の開会式もまだであったから,訪れた駅に上のような横断幕がはられていた.
天理高校は残念ながら負けてしまったが,きっと夏にはもっと強いチームになって甲子園を沸かせてくれるであろう.

今から楽しみだ.


それでは随分遅くなってしまったが,奈良の旅 3日目である.


石上神宮

f0305926_17223985.jpg

主祭神 布都御魂大神 布留御魂大神 布都斯魂大神

配祀神 宇摩志麻治命 五十瓊敷命 白河天皇 市川臣命


拝殿(国宝)で正式参拝し,楼門及び出雲建雄神社拝殿(国宝)を神職方から案内,由緒など説明して頂ける“奈良うまし冬めぐり”に参加した. 

神職の方にご説明頂いた由緒等々は以前,書いたもの(以前の記事はこちら→)とほとんど変わらないが,現地で説明頂いたため,さらに理解できたように感じている.

実際に訪れてみて感じたことは主祭神の中でも“布留御魂大神”が特に重要だったということである.

社の至る所に別名“布留社”の名が残っている.

f0305926_17231176.jpg

もう一つは“出雲建雄神社”についてである.

出雲建雄神社含む摂社・末社は楼門前の小高い丘の上に立地しているため,拝殿や石上神宮で最も重要とされる禁足地を見下ろす形になる.

また,御祭神 出雲建雄神は草薙剣の荒魂との説明ではあるが,記紀を読んだものであれば,出雲健との関係を考えてしまう.

石上神宮はヤマト王権の武器庫とも言われた神社である.

石上神宮に関する疑問を解決することはヤマト王権の実態を理解するのに役立つはずである.


大神神社

f0305926_17310698.jpg
御祭神 大物主大神 

配祀神 大己貴神 少彦名神


さて,現在の“うましうるわし奈良”では“大神神社篇”として大々的にキャンペーンが行われている.

個人的にはこれまでのキャンペーンの中でも一位,二位を争うくらい好みである.

石上神宮に続き,こちらも三ツ鳥居(重文)の間近、御垣内にて特別参拝し,宝物収蔵庫,摂社の狭井神社,さらに大美和の杜展望台を神職に案内して頂ける“奈良うまし冬めぐり”に参加した.

また,この大神神社でも神職の方にご説明頂いた由緒等々は以前,書いたもの(以前の記事はこちら→)とほとんど変わらないので,感想中心にまとめてみる.


前に大神神社を訪れたときに,こちらの三ツ鳥居はどこにあるのだろうかと首をひねったものである.

特別参拝しないと直接見ることはかなわないのだ.

拝殿のすぐ後ろなので,案内して頂かない限りは垣間見ることすら無理である.

この三ツ鳥居は普段,扉が閉まっているが1年に1回,元旦に繞道祭で開かれる.

午前零時に禁足地内で神火をきり出された後,祝詞奏上の後,小松明に点し2人の神職が拝殿内を走り出て,拝殿前の斎庭で待つ3本の大松明に火が継がれる.そして,神職と共に山麓に鎮座する摂末社19社を巡拝するそうだ.

一度見てみたいものである.
大神神社の三ツ鳥居は撮影不可なので,参考までに檜原神社(大神神社の摂社or末社である)の三ツ鳥居を貼っておく.

f0305926_18083186.jpg


宝物庫では大神神社や付近で発掘された遺物などを見ることができた.

有名な子持ち勾玉もその一つである.


摂社・狭井神社では有名な鎮花祭の説明を頂いた.

f0305926_17313786.jpg


昔は春の花が飛び散るとき,疫神が一緒に分散して病気を流行させるので,これを鎮めるために行われるものらしい.

三島由紀夫の“豊穣の海”にもこの祭の場面があるようだ.


最後に大美和の杜展望台に向かった.

f0305926_17324789.jpg
展望台からは三輪山(写真は三輪山)はもちろん,大和三山や二上山まで見晴らすことができる.

木々の間からは想像以上に大きく箸墓古墳を見ることもでき,古代におけるこの地の重要性を感じることができた.

最後に摂社or末社の磐座神社である.

f0305926_17340318.jpg
この地では古くより磐座信仰があったであろうことを証明している神社である.


春日大社

f0305926_17434858.jpg
御祭神 武甕槌命 経津主命 天児屋根命 比売神

春日大社は奈良時代,平城京鎮護のために鹿島神宮から武甕槌命を奉遷したという始まりをもつ藤原氏縁の神社である.

春日大社についても何回かこのブログ(以前の記事はこちら→)で取り上げた.

比売神とはどこの比売なのかなど疑問はあるが,今回,春日大社を訪れたのは理由がある.

現在,春日大社は式年造替の真っ最中であるが,それに関連して,春日大社御本殿の特別参拝をすることができるのだ.

また,特別公開も行われている.

時期によって公開されるもの,場所等々は変わるようで,私が訪れた時には禁足地・御蓋山浮雲峰遥拝所での参拝,約140年ぶりに後殿御門を開門,重要文化財「藤浪之宮」で万燈籠を体感ということが可能であった.

御蓋山浮雲峰遥拝所

f0305926_17445748.jpg

後殿御門からのぞいたところ


f0305926_17455087.jpg

万燈籠

f0305926_17461359.jpg

よい体験をさせて頂いた.


これにて今回の奈良の旅は終了である.

行ける限りなるだけ見て回ったが,まだまだ奈良には行ったことのない場所がたくさんある.

特に古墳・陵はほとんど行けていない.

次の機会を早めに作りたいものである.




[PR]
by Allegro-nontroppo | 2015-04-05 20:55 | 旅行記

春日大社 第六十次式年式年造替について

f0305926_19260758.jpg

春日大社の第六十次式年造替が平成二十八年に執り行われる.

しかし,情報は探してはみるが公式サイト(春日大社公式サイト)にも詳しいことは記載されていないようである.

先日,「春日大社の第六十次式年造替記念 奉祝行事実行委員会」発行の無料パンフレット(写真)を頂いたので,まとめておきたいと思う.

このパンフレットの表紙には先のシンポジウム「伊勢から春日へ」(本ブログ記事はこちら→ 補足記事)で奉納された書道家紫舟氏の「祝御造替」がある.
今後もこのように使われていくのだろう.


春日大社式年造替概要
春日大社は一年に二千二百回以上のお祭りがとりおこなわれているそうだが,その中で至高最上の祭典が「式年造替」とのことである.

「式年」とは「定まった一定の年限,「造替」とは「社殿を造り替える」という意味である.

神さまがお引越しされることを「遷宮」と言うが,春日大社では本殿の位置を変えずに建て替え,または修復を行うため「造替」という.

神さまに西隣の「移殿」へ一時お遷り頂き(仮殿遷座祭),本殿の修復が終われば,元の本殿にお遷り頂く(本殿遷座祭).

神護景雲二年(768年)の創建以来一千二百年にわたって御殿の建て替えと御神宝の新調がほぼ二十年に一度,繰り返しご奉仕され続けてきた.

第六十次式年造替に伴う諸儀式

平成二十七年

木作始式(三月一日)―御造替事始の儀式にて荒神祓・釿始が行われる

移殿御装束並清祓之儀(三月二十五日)―御仮殿の御室礼を整え,お祓いする

六面神鏡奉遷之儀(三月二十六日)―御本殿正面に奉掲の六面の御神鏡を御仮殿にお遷しする

仮殿遷座祭(外遷宮)(三月二十七日)―御本殿より御神儀が御仮殿にお遷りになる

御慶之舞楽(三月二十八日)―仮殿遷座祭翌日,奉祝の舞楽が古式により行われる


平成二十八年

立柱上棟祭(十月二十八日)―鎌倉時代より春日番匠座に伝承された御本殿の完成を祝う儀式

立榊式(十一月一日)―神山春日山より伐り出した大榊が一之鳥居に立てられる

神宝検知之儀(十一月三日)―新調の御神宝を点検し,職方を慰労する儀式

御殿奉磨之儀(十一月三日)―御本殿内の御床をお清めする

御神宝清祓之儀(十一月四日)―新調の御神宝・調度品・祭具がお祓いされる

殿内御錺之儀(十一月四日)―御本殿内の御室礼が奉仕される

六面神鏡奉下之儀(十一月四日)―御本殿正面に奉掲の六面の御神鏡が奉下される

御殿清祓之儀(十一月五日)―御本殿の内外をくまなくお祓いする

具足洗い・薫(十一月五日)―正遷宮に際し,聖流・水谷川の水と御香で奉仕神職の装束がお清めされる

本殿遷座祭(正遷宮)(十一月六日)―天皇陛下のお使いを迎え,御本殿に御神儀がお還りになる

奉幣祭(十一月七日)―天皇陛下より御幣物(お供え)が奉献されて遷宮が祝われ,御鑰を宝庫にお納めする

後宴之舞楽(十一月七日)―古式により奉祝の舞楽が奉納される

奉祝祭(十一月七日より数日間)―数日にわたって奉祝のお祭りが行われる


以上が,式年造替に関わる主な行事などである.

伊勢の神宮の式年遷宮の行事と比べて,特に異なっていると思われるのは,「舞楽」が重要な行事とされている部分ではないだろうか.

さすが,舞楽の盛んな春日大社である.


いずれ,時間を作って関係行事を見に行きたいと思うのであった.


[PR]
by allegro-nontroppo | 2014-07-02 19:35 | あれやこれ

伊勢から春日へ 補足記事

前回の記事に書くつもりで書き忘れたことがあったので,補足記事を書こうと思う.

春日大社には四柱の主祭神がいらっしゃり,春日神とも言われる.
春日大社宮司さまの説明に従うと

タケミカヅチー国譲りで活躍した日本神話最強の武神
フツヌシー神武天皇に東征の際に与えた布都御魂の剣を神格化した神
アメノコヤネノミコトーアマテラスの天岩戸隠れ際に,岩戸の前で祝詞を唱えた神
ヒメガミーアマノコヤネノミコトのお世話をする神.現代でいうところの奥様.

また,アマノコヤネノミコトとヒメガミとの間にお生まれになった若宮もいらっしゃる.

今回のシンポジウムで神宮大宮司様はこうおっしゃった.
「春日神は私の氏神様にあたります」

春日神といえば,藤原氏の氏神として有名である.
そして,神宮大宮司様のお家の鷹司家といえば,五摂家の一つで藤原北家の嫡流であり,またこの家から藤氏長者も輩出している.
藤原氏の名門中の名門といえるであろう.
神宮の主祭神であるアマテラスを氏神と言えるのはもちろん天皇家のみだから,いくら大宮司さまといえども,アマテラスを氏神様とおっしゃることはないわけだ.
当然のことながら,大宮司様がおっしゃるまで気づかなかった。
注意が足りない,反省.

ちなみに,春日大社宮司様の花山院家は摂家に続く,清華家にあたり,こちらも藤原北家から分かれた家にあたる.
よって,春日大社宮司様の氏神は間違いなく,春日神となるわけである.

藤原氏のひろがりを感じるものである.

最後に今回のシンポジウムがニュース記事になっていたのでリンクを貼っておく.
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20140407-OYTNT50088.html



[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-04-09 20:20 | アマテラスと伊勢

伊勢から春日へ②

さて,「春日大社第六十次式年造替記念シンポジウム  伊勢から春日へ」について,前記事の続きである.

第二部終了後,休憩をはさみ,春日大社・南都楽所による舞楽へ移った.
曲は「納曽利」.
基本的には,「納曽利」は二人舞であるが,一人舞の際は「落蹲」となる.
しかし,南都楽所の場合は一人舞は「納曽利」で,二人舞は「落蹲」と呼ばれるとのことだ.
よって今回は一人舞となる.
最近,舞楽,特に「納曽利」に興味があったので多少,期待はあったが,本当に「納曽利」であるとは!
ラッキーである.
内容については,舞楽を生で見ること自体がはじめてなので,評価できるべくもないが,江戸時代に宮中にまで教えに行った(技術が廃れてしまっていたらしい)南都楽所であれば最高のものであったのだろう.



続きはこちら 第三部へ
[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-04-08 20:24 | アマテラスと伊勢

伊勢から春日へ

随分,久しぶりの投稿となってしまった.
このブログは日記ではないのでコンスタントに投稿する必要はないと
思っているが,本来なら投稿するべき出来事があったのに,
投稿できていないのだから問題である.
これについてはまとめて投稿したいと思っている.

昨日は「春日大社第六十次式年造替記念シンポジウム  伊勢から春日へ」に参加してきた.
このシンポジウムは事前に参加申し込みする必要があったのだが,
予定人数を上回る申込者がいたようだ.
主催者様のご配慮で皆,参加できるよう調整してくださったらしい.
抽選となれば必ず外れる人間なので,非常にありがたい.



続きを読む
[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-04-07 20:07 | アマテラスと伊勢