タグ:上生菓子 ( 8 ) タグの人気記事

厄除けと上生菓子

今年は厄年ということで,埼玉県内では特に厄除けとして有名な喜多院へ護摩祈願へ行った.

テレビでは見たことはあるが,生で見るのは初めてである.

焚かれる火勢も天井に届くのではないかという勢いであったので,火災予防施設など余計なことを考えてしまった.

喜多院については一般に言われている以上のことは知らないので割愛するが,中興の祖とも言われる天海僧正には興味がないでもない.

江戸城の一部を移築した間などを拝観することができるが(つまり,江戸城創建当初の一部でも見たければ,皇居に行くのではなく喜多院に来なければならない),既に三度,見ているので今回は省略した.

いつもと違っていたことといえば,毎年1月3日に喜多院でだるま市が開かれているようだが,その出店がいくつかあったことである.

黒のだるまを頼んだはずが,家で開封してみると赤のだるまであった.

f0305926_02065364.jpg
厄除けとして黒にしたかったのだが,赤は家内安全ということなので,そこが一番大事だし,逆によかったのかもしれない.

厄除けで頂いたお札と一緒に飾ってある.


さて,帰りに今年初の上生菓子を購入したので,感想を書いておく.

f0305926_02050883.jpg
すべて「くらづくり本舗」にて購入した.


若竹(わかたけ)

f0305926_02060726.jpg
柚子餡包みの若竹色雪平餅です。

粉末オブラートをまぶし、白手亡かの子豆と縁起の良い赤笹をのせて『若竹』を表しました。


以上,くらづくり本舗のホームページより.

口に入れて,柚子餡の爽やかな味が広がり,良い意味で裏切られた.

甘いだけではない,柚子の爽やかな味が「竹」のイメージにふさわしい.


お題『本』(ほん)

f0305926_02054084.jpg
一番挽き皮むき餡包みの薄黄色薯蕷饅頭です。

ハートの型にして、本を読む前のワクワク・ドキドキ感表し、本と金箔を吹き付けて宮中歌会始めのお題『本』を表しました。


以上,くらづくり本舗のホームページより.
薯蕷饅頭も上生菓子になることがあるのだと驚かされる.

造形は歌会始めのお題「本」ということだが…,どうだろう.

中身はこし餡であった.

少々,私には甘すぎる.


福寿草(ふくじゅそう)

f0305926_02063270.jpg
小倉餡包みの黄色キントンソボロです。

大納言かの子豆と挽茶色新挽粉をのせて、『福寿草』を表しました。


以上,くらづくり本舗のホームページより.

福寿草をキントンソボロで表現するというのは意外性があって面白いと思う.

既に以前の記事で書いたと思うが,個人的にはキントンソボロの餡はこし餡が好みであるが,この「福寿草」はつぶ餡なのが少々残念であった.


以上,「くらづくり本舗」の上生菓子の感想であった.




[PR]
by Allegro-nontroppo | 2015-01-29 19:44 | あれやこれ

上生菓子の秋2014②

f0305926_00242066.jpg
2014年9月のラストを飾るのははくらづくり本舗の上生菓子である.


月夜(つきよ)

f0305926_00231530.jpg
柚子餡包みの黒すり胡麻入り雪平餅です.

黄色羊羹を流し,うさぎを添えて『名月』を表しました.

十五夜は,本来は『満月』のことですので,年に12回から13回めぐってきます.

特に,旧暦の8月は,1年の中で最も空が澄み渡り,月が明るく美しいので,観月の宴が開催され,収穫祭としても親しまれるようになりました.

十五夜のきれいな満月を雪平餅を使い,羊羹を流し込んで表現しました.

以上,HPより.

柚子風味の餡はさわやかで夏の名残を感じさせてくれる.

黒すり胡麻入り雪平餅は先月の「夏涼し」と同様,もちもちして美味しい.

好きなお味である.


夕映え(ゆうばえ)

f0305926_00235513.jpg
橙色練切餡で黄味餡を巻き,トンボの印と黄色氷餅を塗して,『夕焼け風景』を表現しました.

夕焼けの空は,一年を通じて見ることができますが,晩夏から初秋にかけてが,とりわけ壮大で一番きれいに見られる時期ではないでしょうか.

橙色と黄色のコントラストがとても綺麗で,夕焼けの下では『トンボ』が,楽しそうに飛んでいる風景を表現したく,黄味餡に練切を巻いて仕上げました.

以上,HPより.

上生菓子はいろいろな造形があって,本当に面白い.

くらづくり本舗は特に独創性があるように感じる.

夕映えはその代表みたいなものだろう.

味は甘さ控えめであった.


野菊(のぎく)

f0305926_00225362.jpg
小豆皮むき餡包みの大納言かの子豆です.

赤紫色の菊花をのせて,野菊を表しました.

9月9日は、重陽の節句と言って,『菊花の節句』です.

3月3日の桃の節句・5月5日の端午の節句などは有名でお祝いをしますが,重陽の節句はあまり知られていないのが現状です.

もっと、皆様に知っていただきたいと思い・・・大納言かの子豆を使い,野原に咲き始めた菊花を表現しました.

以上,HPより.

この野菊は重陽の節句に頂こうと購入したもので,HPにもそのように記載があって驚いた.

かのこは頂くのは初めてである.

煮豆が苦手な私にはハードルが高いと思いきや,そうでもない.

煮豆など特有のパサパサ感がないからかな.

今後もチャレンジしていきたいと思わせてくれた.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-09-29 20:04 | あれやこれ

上生菓子の秋2014 ①

今回の上生菓子は「鶴屋吉信」のものである.
なかなか売り切れで購入することができなかったのでうれしい.

f0305926_19242729.jpg

乱桔梗

f0305926_19251578.jpg

夜露に濡れた桔梗が乱れ咲いている様子.

粒あん.

今まで食べたトンキンそぼろの中で一番しっとりしてる気がする.

私は好きだが,トンキンそぼろはもっとしっとりしてない方がよいという意見はあるかもしれない.

寒天で水滴をイメージしているところがすばらしい.



秋桜

f0305926_19245318.jpg

繊細なコスモスの花をこなしで表現しました.

白あん.

鶴屋吉信の白あんは独特の味がしておいしいと思う.

もう秋桜の季節になったのだなと思わせてくれる.



嵯峨野

f0305926_19253752.jpg

満月に映る京都の名所「嵯峨野」の秋の風情.

黄味しぐれ製 こしあん.

程よい甘さでおいしい.

ところで,嵯峨野は平安時代からの秋の名所である.

京都に店を構える「鶴屋吉信」ならではの造形で非常に私の好みである.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-09-27 20:00 | あれやこれ

上生菓子に秋を感じる②

さて,前回に引き続き,今回も菓匠花見の上生菓子である.

f0305926_20272241.jpg

色づき

f0305926_20281954.jpg
もちもちとしている.

あんには干し柿が混ぜ込まれている

甘さひかえめ.


白菊

f0305926_20290360.jpg
黄身餡.
葉っぱは寒天.
一番スタンダードなお味.
おいしい.
うまい具合に重陽の節句に頂けたらよかったのだが.

やはり,菓匠花見の上生菓子はアニメチックで可愛らしい.
それと同時に干し柿を混ぜ込んだりしているのがすごくよいと思う.
来月も楽しみである.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-09-14 19:34 | あれやこれ

上生菓子に秋の訪れを感じる

f0305926_20170146.jpg
9月に入って上生菓子も秋らしくなった.
今年は例年より気温が低いので,この時期でも秋の趣を感じられるような気がする.
そんな趣の中,今回は菓匠 花見の上生菓子を頂いた.

いが栗

f0305926_20184131.jpg
まだ青いいが栗が表現されている.

粒あん.

栗の下にあんがある.

栗とあんのまわりは水あめと米粉を混ぜたものなのだろうか.

全体がこんなにしっとりしているのは初めてで,びっくりした.

しっとりが好みなので,おいしい.

葉っぱはて寒天.



桔梗

f0305926_20174712.jpg
いが栗と同じく葉っぱは寒天.

こしあん.

オーソドックスな味で,甘さも想像通りである.

桔梗の紫色は中(or あん?)の方が濃く,グラデーションというか,透けて見えるようなところが気に入った.



うさぎ

f0305926_20191767.jpg
こしあん

目は寒天.

しつこい甘さなどはなく,スタンダードなおいしさ.

うさぎは味より,かわいい見た目が売りであろう.

菓匠 花見の上生菓子は漫画チックなかわいい見た目のお菓子だと感じた.
特に女性や子ども向けにお土産にすると喜ばれそうである.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-09-10 20:20 | あれやこれ

上生菓子で夏花を愛でる2014 ②

またまた,上生菓子を購入してしまった.

今回はくらづくり本舗(HPはこちら→)の上生菓子である.

里の萩(さとのはぎ)

f0305926_02113023.jpg
小倉餡包みの草色と白煉切のキントンソボロです.
本紅色新挽粉を散らして『夏萩』を表しました.

萩の花は,秋の七草のひとつです.

9月頃に蝶形の花を総状につけます.

山地など,秋の到来が早いところでは,夏の間に早々と咲くものを『夏萩』といいます.

草色のキントンソボロで,萩の葉が青々と茂っている様子を表し,本紅新挽粉をかけて『萩の花』に見立てました.

以上HPより.

夏の草原に萩の花が咲いているところを遠くから見た風景ということで,非常に日本らしいお菓子だと思う.

餡は粒餡だが,そこまで粒が残っているように感じなかった.

粒餡には間違いないので,全体的に口どけは良くないということで,甘味は口に残る.


涼やか(すずやか)

f0305926_02121857.jpg
白中割餡包みの黒すり胡麻入り雪平餅です.
水色錦玉を流し,朝顔の葉を付け,涼やかな『井戸辺』の風景を模りました.

8月は,一年を通して一番暑い季節です.

涼を求めて,水辺に出かけることも多くなると思います.

涼水の中でも,一番冷たい水が地下から湧き出る井戸水で,夏の暑い季節の涼しげな井戸辺の風景を雪平餅を使い,涼感たっぷりに仕上げてみました.

以上HPより.

かなり好みである.

薄い雪平餅の中にぎっしりの白あんが入っているが,後にひかない適切な甘さであり,名前を裏切らない涼やかさであった.

見た目も「井戸辺の風景」ということで,涼しい.

上生菓子らしいとは言えないかもしれないが,このセンスを来月以降も期待したくなった.


紅芙蓉(べにふよう)

f0305926_02125378.jpg
薄紅色と白煉切のボカシで『芙蓉の花』を模りました.
中餡は,小豆皮むき餡です.

芙蓉の花は,晩夏から初秋にかけて淡紅色の10センチほどの五弁の花を咲かせますが,一日で萎びてしまいます.

まれに,白花もあり『白芙蓉』といい,はじめは白色から紅色に変わる『酔芙蓉』の八重咲きもあるそうです.

可憐に咲く芙蓉の花を煉切餡を使い表現しました.

以上HPより.

写真では分かりにくいが,薄紅色と白煉切のボカシで芙蓉の花を作っていて,細かいところに芸があるなと思わせる.

全体的に固いような気がしたけれど,口どけが良いのでこれはこれでよい.

今回,一番オーソドックスではあるけど,手抜きなくおいしいのが素晴らしい.


晩夏(ばんか)

f0305926_02115603.jpg
黄味中割餡に半栗を付けて『栗かの子』に仕上げました.
赤とんぼと氷餅を塗して,秋の近づく『晩夏』を表しました.

最近では、猛暑と呼ばれる暑さですが,旬ともなると朝晩は涼しくなり,なんとなく秋の気配が感じられます.

そんな風景を表現したく,栗かの子を使い『初茜』と『氷餅』で涼しげな風を表し,夏惜しむ晩夏を仕上げました.

以上HPより.

黄味中割餡はしっとりしている.

全体的にはやはり栗の味が口に広がる.

見た目といい,味と言い,秋のお菓子というイメージである.

旧暦にあわせて,8月と言えどもこのようなお菓子が必要なことも多いのであろう.

個人的には,9月以降に味わいたいお菓子であった.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-08-09 20:38 | あれやこれ

上生菓子で夏花を愛でる2014 ①

先月,楽しんだ上生菓子たちである.

こちらは全て「鶴屋吉信 TOKYO MISE」(HPはこちら→ )にて購入した.


・朝涼し-あさすずし-

f0305926_18163706.jpg
まだ涼しい夏の朝,花ひらくアサガオを表現したとのこと.

:白あんは甘さ控えめであったが,少し舌に残るような印象だった.

牛皮が分厚いのでその分甘さがさらに抑えられているようだった.

寒天で瑞々しさを表現してるのが見た目に涼しい.


・紅花-べにばな-

f0305926_18165827.jpg
紅花の花を表現したとのこと.

:きんとん製粒あんとあって,「朝涼し」に比べると確実に甘い.

その分口どけがよいのですっきり食べられる.

こしあんだったら確実に私の好みだった.


・水ぼたん-みずぼたん-

f0305926_18171952.jpg
葛を使い,牡丹を水中花の様に見立てたとのこと.

葛製紅あんということで,紅あんはもう少し,甘味が抑えられていた方が好みではある.

口どけはいいのだが.

また,葛部分ももっとやわらかい方が好み.

葛がやわらかければあんの甘みもそこまで気にならないのかもしれないが.


以上.

八月の上生菓子も楽しみである.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-08-03 19:17 | あれやこれ

上生菓子で蛍を愛でる

昨年まで「あんこ」が苦手だった.
私には甘ったるすぎるし,重たいように感じていた.
ところが,昨年の「お伊勢参り」の際,本店で頂いた「赤福」に価値観を変えさせられてしまった.
(朝5時から出かけ,7時には参拝を済ませておかげ横丁をぶらついたので,赤福しか開いていなかったのである.
結果的に価値観を変える出来事となったのだから,ある意味,神様からのご縁なのかもしれない.
そのときの記事はこちら→)
あの「あんこ」はちょうどよい甘味と,何より口のなかで溶けていくような感覚が素晴らしい.
今まで食べた和菓子は何だったのかと考えさせらたものだ.

そのような訳でちゃんとした専門店の和菓子ならばおいしく頂けるのではないかと思い立った.
今回購入してみようと思ったのは「上生菓子」である.
本来ならば茶席で用いられるものかもしれないが,あの目を楽しませる「和菓子たち」は「あんこ」が苦手な私でも心惹かれるものがある.

早速「鶴屋吉信」(HPはこちら→)を訪れてみたのだが,すでに夕方だったためか,1種類しか残っていなかった.
f0305926_02142493.jpg
「蛍恋」である.
こしあんの焼皮製であった.
「あんこ」は甘めだが口溶けがよいようでしつこさがなく,おいしく頂けた.
今度は別の種類も食べてみたいものである.

そういえばもうしばらく蛍を見てない.
とりあえず今年は美しい上生菓子で「蛍狩り」を済ませたということにしておこう.

[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-07-21 20:02 | あれやこれ