<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

開館50周年記念 美の祝典Ⅲ 江戸絵画の華やぎ@出光美術館

「開館50周年記念 美の祝典Ⅲ 江戸絵画の華やぎ」を鑑賞しに出光美術館へ出かけた.

一番の目的は「伴大納言絵巻」の下巻を鑑賞するためである.

Ⅲ 江戸絵画の華やぎがはじまって最初の土曜日に出かけたが,覚悟していたほど人は多くなく,余裕をもって鑑賞することができた.

また,おそらくⅠ やまと絵の四季を鑑賞した時に割引券を頂いていたらしく,たまたま前日に財布から発見されたので半額で鑑賞させて頂いた.

お得であった. 


更衣美人図 喜多川歌麿

扇であおぎながら着替える女性の日常の一場面を切り取ったものであるが、インパクトの強い作品であった.

さすがは喜多川歌麿である.


春秋二美人図 葛飾北斎

扇を手にポーズをとる春の美人と虫かごを手にした秋の美人が描かれている.

春といえばピンク色をイメージするのだが,春の美人の着物がピンクでないことにまず驚いた.

そうでありながら,この美人が春を象徴していることがすぐわかるというのが驚きである.


南蛮屏風

南蛮船や町を歩く南蛮人が描かれている.

異人として,皮膚の色が異なる人々も描かれているのだが,明らかに皮膚の黒い人々は白い人々につかわれていることが読み取れる.

当時の人の推察力がすごいのか,異人たちがあからさまだったのかは判断がつかない.


四季日待図巻 英一蝶

正月・五月・九月の特定の日に人々が集まり潔斎して終夜こもって日の出を礼拝する神事が時代を下ると夜通し遊ぶ遊興となっていったという.

なんのための神事だったのだろう.


伊勢物語 武蔵野図色紙,若草図色紙 俵屋宗達

伊勢物語でも有名な場面を描いたものだと思うが武蔵野の場面は読めていない.

こういうときに勉強できていないことを後悔するのだ.

私の怪しい記憶によれば,若草図は男とその妹を描いた場面ではなかろうか.

そう思ってみるとまた面白い.


紅白梅図屏風 酒井抱一

紅白梅図屏風といえば尾形光琳を思い浮かべるのだが,あの屏風から着想を得ているのだろうと思う.

ただしこの紅梅の背景は銀で覆われている.

梅は夜に薫るというが,その情景を描き出しているようである.

酒井抱一の波図屏風も思い浮かべてしまう作品であった.


風神雷神図屏風 酒井抱一

一度,見たことがあったのだが,テレビ番組「美の巨人たち」で紹介されていた特徴など見ることができてよかった.


十二ヵ月花鳥図貼付屏風 酒井抱一

十二ヵ月の花鳥図が貼り付けられた屏風なのだが,特に六月の紫陽花が可愛らしい色のグラデーションでポップさがあり,目を引いた.


四季花木図屏風 鈴木其一

私の思う琳派作品とは少し異なっていたのが印象的であった.

多少,狩野派の要素を感じるような….

鈴木其一の作品はあまり見たことがないので,今後もっと見ていきたい.


伴大納言絵巻 下巻

中巻は見ることができなかったのが残念である.

下巻では伴善男が連行されていくわけであるが,彼の姿は牛車に乗り込んだ袂しか確認できない.

そう考えると上巻の謎の男は伴善男ではないような気がする.

作者は伴善男の姿をあえて描かないという意図があったのではなかろうか.

そう考えると「伴大納言絵巻」と題しておきながら,姿は一切描かれないという絵巻になるわけで,また,何かしらの意図を感じないでもない.


その他,禊図屏風 伝尾形光琳や八ッ橋図屏風 酒井抱一など,既に鑑賞したことのある作品も展示されていた.

この美の祝典では出光美術館の所蔵品のすごさを感じさせていただいた.

また機会があれば是非,伴大納言絵巻 中巻も鑑賞してみたい.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-06-26 22:22 | 博物館

もっと知ろうよ! 儒教@東洋文庫ミュージアム

f0305926_00371690.jpg
久しぶりの更新である.


6月に入ってすぐの頃,有給休暇をつかって東洋文庫ミュージアムに出かけた.

「もっと知ろうよ!儒教」展に興味があったのである.

私を含めた日本人に大きな影響を与えているという儒教について,考えてみればよく知らないことに気付いたのである.


儒教とは孔子を始祖とする,倫理道徳であり,学問思想であり,宗教であるという.

古代中国における「儒」とは葬送儀礼を専門とする「巫祝」の集団で孔子もその一人であったと考えられている.

ここから祖霊崇拝の要素や現実社会に適応する理論を築き上げたことが孔子の業績だそうだ.

孔子の弟子たち「儒家」の中でも功績が大きかったのが「性善説」を唱えた孟子である.

宋時代になると統一理論を深めていく気風の中で朱子は入れ乱れていた諸説を整理し,体系化を行ったという.

朱子学は江戸時代から幕末ものの小説やテレビで出てきていたが,内容まで考えたことなかった.

先師孔子行教図

f0305926_00310490.jpg
有名な孔子像の一つだそうだ.

ちなみに

フランス人の描く孔子

f0305926_00293781.jpg

ロシア人の描く孔子

f0305926_00300250.jpg

ローマで刊行されたフランス語の文献

f0305926_00302763.jpg

老子と孔子の対面図(後漢時代の墓材から)

f0305926_00314096.jpg

そして,日本人の描く孔子(江戸時代)

f0305926_00460591.jpg

面白いものである.


国宝 毛詩

f0305926_00324735.jpg
「毛詩」は儒教の最重要テキストの一つ「詩経」のことだそうだ.

ヲコト点が加えられていることで,平安時代の読み方が分かるという意味でも重要な一品ということである.


国指定重要文化財 古文尚書

f0305926_00331885.jpg
「尚書」別名「書経」は古代の王者の記録や文書をまとめたもので「昭和」や「平成」の元号はここから取られたそうである.


五経図

f0305926_00334235.jpg
伝説の聖王「禹」が全土を九州に分けて,各地の山や川,特産品を調べたということが書かれているそうだ.


易学啓蒙

f0305926_00340505.jpg
難解極まる易経をわかりやすく説いた本とのこと.

卜筮というのもなかなか複雑そうで,私には理解できなさそうだ.


父母恩重経

f0305926_00343023.jpg
中国で作成された仏典とのこと.

仏教は出家して家族に対する思いなどを断ち切ることを重視するのにも関わらず,父母への恩は偉大で「考」の精神で報いるべきだと説かれているのだそうだ.

日本では神仏習合のようなことが起こったが,中国でも似たようなことが起こったと考えると面白い.


マテオ・リッチと徐光啓

f0305926_00345488.jpg
教科書で一度は見たことがある図である.

この当時はキリスト教の布教が認められていたのだが,のち,禁止されることになる.


殿試策

f0305926_00351579.jpg
歴史上でも最高難関の試験として有名な科挙の中でも,最後の試験である殿試のこの年のトップの成績で合格した人の答案ということである.

何時間も閉じ込められてこのように整然とした答案を書くという集中力は絶対に私にはない.


外戚事鑑

f0305926_00354019.jpg
中国歴代の外戚が行った良い例と悪い例を集めているそうだ.
明の第五代皇帝・宣徳帝の命令で作成されたそうで,権力のある人も大変だったのだなと思わせられる.

越南婚葬行列図

f0305926_00361181.jpg

ベトナムはかつて漢字文化圏に含まれており,科挙制度もあったそうだ.

儒式に則った冠婚葬祭を執り行っていたそうである.

この人が「泣き女」だろうか.

f0305926_00363682.jpg

儒教に関してはこのような特別展でもないと,知る機会もないのでとても良い機会を頂いたと思っている.

東洋文庫ミュージアムの展覧会は勉強になるものが多いので次回展以降も注目していきたい.

補足
蘇軾と王安石をみつけた.

f0305926_00462439.jpg
かわいい.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-06-20 00:49 | 博物館