<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

美の祝典Ⅰ やまと絵の四季@出光美術館

f0305926_23370463.jpg

ゴールデンウィーク中には出光美術館開館50年記念 美の祝典Ⅰ やまと絵の四季を鑑賞に訪れた.

国宝の「伴大納言絵巻」が10年ぶりに公開されること,やまと絵がたくさん見られるということで,時間を都合して見に行ったわけである.

ずいぶん時間が経ってしまったがお付き合い願いたい.


日月四季花鳥図屏風

日月と聞くとまず,どこに配置されているのかが気になってしまうところ.

右隻に日と春の植物と雉,左隻には秋の植物と鹿が配されている.

大胆に散らされた金箔が華やかである.


吉野龍田図屏風

右隻には桜,左隻には紅葉がいっぱいに描かれており,会場を見渡した時にまず一番目を引く展示であった.


四季花木図屏風

右隻から春夏,左隻では秋冬と季節が流れていくように描かれている.

この図屏風で面白いと思ったのは狩野探幽による紙中極が書かれており,そこには土佐光信とあるところである.

実際のところははっきりとしていないようだ.


橋直幹申文絵巻

橋直幹は実在の人物で,彼の逸話をもとに作成された絵巻だという.

村上天皇の御世に民部大輔の職を得るために作文した申文を朝廷に奉ったが,一部天皇の機嫌を損ねたためにかなわなかった.

その後,内裏が炎上した時にこの申文の持ち出しを天皇が尋ねたことにより,天皇もこの申文の優れた点を認めていたというお話だという.

この炎上の際,温明殿の神鏡を取り出せず,心配していたところ何故か木に引っかかっており,神に祈ったところ藤原実頼の袖に入ったという逸話も差し込まれている.

面白い絵巻であった.


佐竹本三十六歌仙絵「柿本人麿」,「僧正遍照」

三十六歌仙絵でもっとも有名な佐竹本のうち,柿本人麿と僧正遍照をみることができて感激である.

いつか,三十六歌仙一挙に集めた展覧会を催してほしいと思うが,なかなか難しいのだろうな.


扇面法華経断簡

四天王寺に伝わったとされる断簡で,鳥羽院皇后・藤原泰子の参詣のさいに奉納されたのではないかと考えられているようである.

扇面に描かれた童子と女性,そして法華経が平安時代の雅を表しているようで印象に残った.


月に秋草図屏風

会場内で遠くから見かけたとき,琳派作品ではないかと思ったのだが,伝俵谷宗達であり,「伊年」印もあることから,なかなか私の勘も馬鹿にできないものである.

月の色遣いがまさに琳派そのものである.

画面のところどころに秋草が描かれているというような作品で地味かもしれないが,秋の月夜の草原をリアルの想像してしまうようで素晴らしいと思う.


四季草花図屏風

上記と同様こちらも「伊年」印のある屏風であるが,画面いっぱいに上段下段と整列したように草花が配されており,非常に華やかである.

少し,洋画のようにも思える作品であった.


伴大納言絵巻 上巻

伴大納言絵巻は四大絵巻の一つとされ(ちなみに残りの三つは「鳥獣戯画」,「源氏物語絵巻」,「信貴山縁起」),現存する絵巻の中では第一の優品とされているとのことである.

そもそもは一つの絵巻物であったらしい.

この絵巻の主題はまさに「応天門の変」である.

この絵巻の中では応天門の放火犯は伴善男と中庸親子によるものとされている.

上巻では応天門が炎上し,逃げ惑う人々と,源信を放火犯として罰しようとする天皇を諫める藤原良房が描かれる.

上巻には応天門(内裏?)を遠くから眺める男性について分かっていないこと(そもそもこの男性は誰か? 裾の色が途中で変わっており,ここで継ぎ接ぎされているのではないか?)があるという.

私は応天門の変は伴善男と中庸親子によるものではないと思っているけれども,この絵巻の作成者の認識はどうだったのだろうかと思ってしまう.

作成時期が平安時代というのも興味深い.


以上.

他にも「雪月花図」など,以前に鑑賞したことのある大好きな絵もあったが,ここは省略した.

思いがけず既に鑑賞したことのあるものに出会うといろいろな絵などを鑑賞してきたなと感慨にふけってしまう.

この「美の祝典」はまだまだ続いている.

今は「美の祝典Ⅱ 水墨画の壮美」と題してやっているそうだが,時間の都合がつけられそうにない.

なんとか,「美の祝典Ⅲ 江戸絵画の華やぎ」は鑑賞したいところである.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-05-22 23:40 | 博物館

向源2016 ワークショップ

2016年のゴールデンウィークはどこか旅をしようと思っていたのだが,グズグズしているうちに宿や切符を予約できるような時期は過ぎてしまった.

都内で面白いイベントはないかと探したところ寺社フェスというのをやるらしく,参加することにした.

たくさんのワークショップに予約を入れたのはあまりの忙しさにおかしくなっていたからに違いない.

寺社フェス向源とは,宗派や宗教を超えて,神道や仏教を含めた様々な日本文化を体験できるイベント.今に伝わる多様な文化の根底にある本質に触れてもらうことを目的とし,6回目となる今年は「ニッポンを遊べ。」をテーマとしておられた.

というわけで,体験型のワークショップをまとめてみた.


手ぬぐいであなただけの朱印帳をつくるワークショップ

f0305926_00165687.jpg
古代の歴史の地巡りをするとなると,必然的に神社仏閣巡りをするということになる.

もちろんそれぞれ訪れさせていただいたことに感謝して手を合わせているのだが,せっかくということで御朱印も頂くことにしている.

(御朱印を頂くと一緒にご由緒をくださることが多いので歴史好きとしては助かっている)

そのような訳で一度くらい御朱印帳を手作りしてもよいのではないかと思い,参加した.

正直なところ,表紙をつけるのには苦労するだろうと思っていたが,他は簡単にできるのではないかと思って参加したのだがとんでもなかった.

中身の御朱印を記入してもらう部分のほうが大変である.

一般で購入できる御朱印帳も手作りなのだろうか.


和の香り作り 匂い袋

f0305926_00162927.jpg
お香には前から興味があったものの,香房に入るのはなかなか敷居が高い.

また,線香の香りはあまり好きではないこともあって,及び腰でもあった.

今回はワークショップということで手軽に参加できることもあって参加させて頂いた.

作りたい香りのイメージを先生に伝えるとおおよその香りを決めて下さり,さらに先生に調整をお願いしていくというスタイルであった.

出来上がってみて,同じグループの方と香りを比べてみると同じような香木を使っているにも関わらず,分量の違いでそれぞれのイメージとなるのでおもしろい.


日本庭園のススメ~触って楽しむやさしい庭園入門~

先にも書いたが寺院をめぐる機会が多いと庭園を見る機会も多くなる.

侘び寂びを感じたり,単純に素晴らしいと思ったりもするが,知識があればもっと面白くなりそうと思い参加したが,小さい庭を作るという部分に熱中しすぎてしまい,最初の座学のような部分はあまり覚えていない.

とりあえず覚えているのは,ただ漠然と苔といっても日向を好む種類もあれば日陰を好む苔の種類もあるということ.

庭園内での苔の使い方を観察してみるのも面白いかもしれない.


和の香り作り 塗香

塗香というのは僧侶の方々が身を清めるために使うものだという.

お聞きしたところによると,僧侶の方々には死の匂いがつきやすいため,仏さまの前に出る前に良い香りをまとって出るようにしたのが始まりということだ.

気分転換のためにも使えるというわけで作成することになった.

匂い袋と同じような流れで作成することになったのだが,途中で香りを確かめすぎたのか,鼻がおかしくなってしまい香りが分からなくなってしまう始末.

でも,最終的には先生のおかげで面白い香りができたと思う.


体感!飛び出す阿弥陀、うごめく地獄~山越阿弥陀図と地獄草紙~

このワークショップは平安時代の絵を昔と同じような状況で見てみようという企画であった.

デジタル復元された地獄草紙は蝋燭の明かりの下で巻物をくるくる開きながら眺めてみる.

なかなかおどろおどろしい絵に見えるのである.

山越阿弥陀図は臨終を迎えるときに眺める絵ということで,阿弥陀さまの白毫から日の光が差し込むように設置し,阿弥陀さまからのびる五色の糸と合掌した手を結び横になって眺めてみた.

こちらはそのように使っていたのかと感心するばかりである.

当時の人の絵の眺め方を知っておくと,今後,美術館などで絵を眺める際の見方が変わりそうである.


漫画で楽しむ日本神話~火の鳥 ヤマト編~

f0305926_00164306.jpg
手塚治虫の作品の中で唯一,自分で持っていたのが「火の鳥」であるが,実家に置いてきてしまったので今,手元にないのである.

もう,数年は読んでいない.

このワークショップの講師は常陸國総社宮の禰宜 石﨑貴比古氏である.

総社宮とは国府のそばに神社をつくるよう命じられた神社のことで各地につくられたそうだ.

境内には日本武尊の腰掛石があり,これが決め手となって常陸國総社宮は鎮座することになったということである.

また,神職は神と人との「なかとりもち」ということで僧侶とスタンスが違うというようなお話もあった.

火の鳥 ヤマト編は日本神話のヤマトタケルをモデルとした話ということで漫画に沿いながら解説をしていただいた.

私はすっかり内容を忘れてしまっていたので,ついていけるか心配だったが,意外と思い出されてくるものである.

ヤマト編ではオオクニヌシの神話を取り入れている部分もあるようで,実家に帰った時にはもう一度読み直してみたいなと思う.

火の鳥 黎明編はイザナギ・イザナミをモデルにしているので,こちらもまた読み返してみたくなった.

最後に祈願をしていただいた絵馬を頂き,願い事を書いてワークショップは終了した.

かわいらしい絵馬である.


以上が向源2016で参加のワークショップである.

良い体験をさせて頂いたワークショップばかりであった.

「お坊さんと話そう」のコーナーなど,他にも面白そうなイベントがいろいろあったが,さすがに全部は無理であった.

来年も参加を検討したい.


追記

室町COREDOでは期間中,精進料理コラボごはんというものをやっており,「日本橋だし場 はなれ」の「初夏のお寺御膳」を頂くことができた.

またデザートとして,お麩でつくったフレンチトーストもいただくことができた.

飛龍頭が大好きなので「飛龍頭の雲片汁」はたまらなかった(もちろん「だし」もよかったのだ).

アスパラの混ぜご飯もさわやかでおいしかった.

フレンチトーストはパンでつくるよりもちもちした食感が楽しめた.

満足であった.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-05-18 22:26 | 講演会,シンポジウムなど

MORE Deep 増上寺〜お坊さんと巡る増上寺〜

f0305926_20213397.jpg
またまた,向源の記事である.

MOREDeep 増上寺〜お坊さんと巡る増上寺〜」に参加させて頂いた.

このワークショップは座学のような形ではなかったので,写真と一緒に覚えている解説を書くことにする.


まず,増上寺は浄土宗の七大本山の一つとのこと.

他には知恩院,金戒光明寺,善光寺など名だたるお寺の中に善導寺(福岡)が.

地名の由来になったお寺があると聞いたことはあったが…,今度里帰りした時には行ってみよう.

次に江戸幕府との関わりなどを解説いただいた.

徳川家康が駿府から江戸に移ってきたときにそれまでの菩提寺と宗派が同じであった増上寺を新たに菩提寺にしたとのこと.

その後,江戸幕府は天海僧正との関係で寛永寺も菩提寺とし,六代将軍以降は両方のお寺でバランスがとれるようにそれぞれの将軍を埋葬したそうである.

当時は小大名級の石高が与えられていたそうだ.


ここで半斎法要に参加させて頂いた.

仏さまに昼食を捧げる儀式とのことである.

本来は朝,昼,夕,夜中と毎日のお勤めがあるそうであるが,夜中は周りとの騒音の関係があり,特別な行事のみ執り行われているそうである.

(撮影不可であった)


半斎法要が終わると増上寺の歴史についての解説の続きを頂いた.

明治時代を迎えると政府の締め付けなどが厳しくなり,それまでの敷地を提供することになった.

また戦時には空襲などにより,本殿も焼けてしまい,また戦後にはさらに敷地を提供することもあったようである.

焼けてしまった建物の再建が先年やっと終わったそうだ.


次は徳川家墓所へ.

かつての徳川家墓所は東京プリンスホテルの場所であったが,移されてきている.

・皇女和宮

f0305926_20131710.jpg
f0305926_20182174.jpg
一番立派かもしれない.

徳川家には財力がなかったため,明治政府により建てられたそうである.

菊の御紋入り.


・十四代将軍家茂公

f0305926_20195916.jpg
皇女和宮は家茂公のそばでねむりたいとのことで,珍しく皇族としては御陵が築かれていないのだが,お墓の場所が移された今も夫婦隣同士で眠られている.


・六代将軍家宣公

f0305926_20192335.jpg
二代将軍秀忠公以降,増上寺に埋葬された将軍がいなかったところ,家宣公は秀忠に従い,増上寺に埋葬するように命じたらしい.


・二代将軍秀忠公,お江の方

そもそも,秀忠公には立派な霊廟(秀忠公の霊廟が完成した後,工人たちはそっくりそのまま日光東照宮の建築に向かったそうだ)があったのだが,燃えてしまったため正室のお江の方と一緒に埋葬されることになったそうだ.


・七代家継公

f0305926_20305592.jpg

・家重公

f0305926_20301863.jpg

・家慶公

f0305926_20312978.jpg

先に書いた秀忠公の霊廟の模型が宝物展示室にあるというので,そちらに向かった.

なんでも明治期の日英博覧会に出品されたもので,高村光雲も携わったそうである.

終了後はキューガーデンに展示されたそうであるが,その後所在が分からなくなった時期もあったようだ.

模型ではあるが,霊廟とはとんでもないなと思わずにはいられない.

日光東照宮や大猷院を見た時に,初代,三代将軍はものすごいが,では二代将軍は?と思ったが,やっぱりとんでもないものを作っていたのだなと思う.


次に三解脱門へ向かった.

三解脱門は江戸初期に造られた建物の中で唯一,増上寺に現存している建物だ.

今回はこの門に上がらせて頂いた.

門の上には釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されている.

f0305926_20251574.jpg

彩色がうっすらと残っており,安置された当時はどれだけ煌びやかであったのだろうと想像させてくれる.

門からは大門を眺めることができた.

f0305926_20254654.jpg


ここで予定時間は既にオーバーしていたが,さらに経蔵をご案内頂いた.

f0305926_20290883.jpg

皆,それぞれ一周回させていただき,ここで私は次のワークショップのため離脱させて頂いた.


以上が概要である.

三解脱門や経蔵はこのような機会がないと触れることができないだろうから,よい体験をさせて頂いたと思う.


次回はその他に参加したワークショップを記事にしたい.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-05-15 20:46 | 講演会,シンポジウムなど

仏教×神道×修験道トークショー@向源

今回も向源の記事である.


仏教×神道×修験道トークショーに参加させて頂いた.

f0305926_23421823.jpg

トークショー登壇者は以下の通りである.

僧侶  釈 徹宗氏(浄土真宗本願寺派僧侶)

神職  清水祥彦氏(神田神社 権宮司)

修験道 田中利典氏(金峯山寺長臈・林南院住職)


清水氏は先日の「意外と知らない正式参拝〜Deep神田明神〜」でお話し頂いた方,田中氏は既にブログでも何度か講演を拝聴したと記事にしているが(吉野と嵐山の縁 ~後嵯峨/亀山上皇と吉野と嵐山, 特別展 蔵王権現と修験の秘宝@三井記念美術館),一番印象に残っているのは金峯山寺での声明(吉野への旅 一日目 ~金峯山寺蔵王堂~)である.

釈氏については初めてお話を伺うことになるが有名な方のようであった.


まず,修験者の方々がトークショーの成功を祈願し,法螺貝を吹いてくださった.

f0305926_23431657.jpg

以下,トークショーの中で興味深かったお話しを箇条書きでメモしておく.
・修験者の引敷

f0305926_23424182.jpg

 座布団のように使うが「獣の上に載って修行する」という凡聖を表している

・神田明神

 律令時代,関東は税制的にも苦しかったこともあり,京都・朝廷に対するアンチテーゼとして江戸幕府を霊的に守護した

・明治時代までは伊勢神宮,春日大社,東大寺に庶民がお参りすることはできなかった

・明治時代に日本列島の宗教は損なわれた

→国家神道の時代,平将門は江戸幕府の守護神であったこともあり,神田明神のご祭神から外され,将門神社にうつされた

→東照大権現…寛永寺もめちゃくちゃに

・浄土真宗は仏教の中でも自然との関わりが薄く,内面の心を大事にするが,密教は自然との関わりが深く,神道や修験道に近い部分がある.神道や密教などの要素を削いできた.

・自然に対して

→キリスト教,イスラム教:神様に与えられた自然は好きに切り取ってよい,自然を管理

→自然への親和性は少数派

・風土,場との関係性

→出家の形態は暖かい国に残っている

→日本列島は東のどんづまりで大陸側から見た時にこれ以上の逃げ場はない

→縄文系と弥生系は折り合ってきた

・能…宗教性を手放さない

・成田山新勝寺…実は一番人が集まる聖地

・悉有仏性

→有情…日本では山川草木,草木国生

・仏教…実はハイブリッド形の神道???


3つの宗教家の方々のお話しということで,どのようになるのか想像できなかったが,宗教の根源的な部分についてもお話されており,なかなか面白かった.

上記箇条書きには書いていないが(以前も同じお話を伺ったことがあるので),「宗教」という言葉を英語の「Religon(一神教)」の訳とするならば,日本人の7割が無宗教だというのも納得だというお話は毎回感銘をうける.

このような機会があれば,また参加したい.


次回は「MOREDeep 増上寺〜お坊さんと巡る増上寺〜」について記事にしたい.
[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-05-11 21:24 | 講演会,シンポジウムなど

意外と知らない正式参拝〜Deep神田明神〜

ゴールデンウィークは向源のワークショップに参加ばかりしていた.

今月のブログは向源の記事ばかりになりそうである.


f0305926_22501480.jpg
まずは「意外と知らない正式参拝〜Deep神田明神〜」からである.

正式参拝の前に1時間ほど神田明神禰宜の清水祥彦氏より,神道についてのお話があった.
興味深かった部分を箇条書きで書いてみる.


・江戸城の鬼門に配置されたのは神田明神を含め,寛永寺と浅草寺で,裏鬼門には日枝神社と増上寺であった.


・神田明神のご祭神

一の宮 だいこく様 大己貴命…家内安全,縁結び⇔死後の世界,幽冥界の主祭神

「袋背負いの心」

二の宮 えびす様 少彦名命…知恵の神,海外の優れた技術を伝来させた

三の宮 平将門命…強気を挫き,弱きを助く

江戸っ子の精神,敗者への共感


・日本…花綵列島

 4つの大陸プレート…世界の20%の地震


・皇室の被災地への祈り

宮中三殿(賢所,皇霊殿,神殿)…一般では参拝できない

天皇陛下=プリーストキング…古代王権を継承する天皇祭祀

世界:王室43ヶ国

→国民民族とは全く違う王室も多い

日本は皇室と同じ血が流れている


・神道…4つの価値観と倫理観

敬神崇祖,浄明正直,共生,言挙げせじ

主体性を保持した寛容性と謙虚さ


神宮

・心御柱をたてる穴には小屋が建てられている.

以上のお話をお聞きしたあと,お坊さん方と正式参拝後,巫女舞と雅楽を奉奏頂いた.

下写真は正式参拝に向かうお坊様方.
微妙な写真で申し訳ない.

f0305926_22522529.jpg

かつて神仏習合の時代にはこのような光景がよく見られたのだろう.


神田明神の摂社,末社,資料館などを案内して頂いた.

一番興味深かったのは拝殿や門などの上にいる鳥の説明.

f0305926_22503588.jpg
こちらは水鳥で,火除けの意味があるのだそうだ.

神田明神特有とのことで,安政大地震,関東大震災,東京大空襲を経験した神田明神にふさわしいように思う.


なかなか面白い経験をさせて頂いた.

次回は「仏教×神道×修験道トークショー」について記事にしたい.

追記
境内の藤がとても美しかった.

f0305926_22510303.jpg


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-05-08 22:54 | 講演会,シンポジウムなど