ほとけの教え、とこしえに。―仏教絵画名品展―@根津美術館

f0305926_00343823.jpg
ほとけの教え、とこしえに。―仏教絵画名品展―を鑑賞に根津美術館に出かけた.

先日の三連休,二日目である.

実は三連休の一日目についても書きたいと思っているのだが,二日目を先に書くのはこの名品展についてはメモを作っていたので時間をかけずにブログにできたためである.

今週は先週よりゆっくりできそうなので,一日目について記事にする時間もありそうである.

言い訳はここまでにして,本名品展の概要を記す.


絵過去現在因果経 良盛筆/住吉慶忍・聖衆丸画

全体的には釈迦の前世と現世の物語を描いた絵巻で,展示部分は釈迦が白馬に乗って出家する場面であった.

可愛らしい釈迦等の姿が印象的であった.


釈迦三尊十六善神像

十六善神は般若経を守護する神ということで,大般若経を持ち帰るために天竺まで向かった玄奘三蔵を深沙大将が助けたという逸話から,深沙大将も一緒に描かれているのが興味深かった.


当麻曼荼羅

当麻曼荼羅縁起絵巻 模本 冷泉為恭筆

奈良県の当麻寺の御本尊は中将姫という女性が蓮の糸を用い,一夜で織り上げたという当麻曼荼羅であるそうだ.

当麻曼荼羅は曼荼羅という名ではあるものの,極楽浄土の様子を描いたものであった.

ただ,当麻曼荼羅縁起絵巻の内容は当麻寺の御本尊についてとは異なる内容であったのが疑問に思った.


阿弥陀三尊来迎図

阿弥陀三尊来迎図には正面から描かれた姿と向かって左上から降りてくるような姿の二種類があるそうで,並べて展示されることで見比べることができた.


山越阿弥陀図

来迎図の一種で山の向こうから阿弥陀如来がやってくる様子を描いたものということである.

このような形式の来迎図があるのだと知っていなければ,来迎図だとはとても思えない.


兜率天曼荼羅

未来に如来になることが約束された弥勒菩薩が兜率天に住まう様子を表しており,堂のなかに坐す弥勒菩薩を菩薩たちがとり囲み,その体や上階に置かれた宝珠が金色の光を放っているということである.

兜率天というところは今までうまく想像できず,もっと地獄に近いところかと思っていたが,驚くほど美しく描かれていた.

緑や青の彩色に精緻な截金文様と呼ばれる文様が素晴らしい.


法相曼荼羅

法相宗の教えがどのような高僧たちによって伝えられたかを表しているという.

描かれた高僧のうちの一人,玄昉には興味があるのでしっかり観させていただいた.


大日如来像

美麗な大日如来像であるなというのがこの図の印象である.

日本人の美意識を刺激する何かがあるのだろう.


両界曼荼羅

絵で仏教について分かりやすく表している代表といえば,やはり両界曼荼羅ではないかと思う.

いずれ,曼荼羅図の絵解きを学びたいと思いつつ,未だ叶っていないので今年こそと思う.


春日宮曼荼羅

本地垂迹を表す例として展示されていた.

この曼荼羅を見ていて不思議に思ったのは,「御神体である御笠山」,「春日大社の本殿」,「参道」が一直線に並んでいないということである.

特に本殿が御笠山方向に向いてないということは,参拝者は御神体とは別方向を向いて参拝していることになる.

昨年,春日大社で特別参拝させて頂いた際,御笠山参拝所が別に設けられていることは判明したが,そもそも本殿の方向が御笠山を向いていれば,設ける必要はないはずである.

藤原氏の関わる神社であるから一筋縄ではいかないと思うが,理由は考えていきたい.


以上.

三連休の割にいつもの根津美術館ほど人が多くないように感じたのは,あくまでも名品展で展覧会ではなかったためだろうか.

しかし,よいものをじっくり見ることができたのはラッキーであった.

庭園の池には燕子花の葉が頭を出していた.
桜が終われば,燕子花の季節である.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2016-03-28 00:39 | 博物館
<< 總持寺と横浜市歴史博物館 山王塚古墳・発掘調査見学会 >>