上生菓子に秋の訪れを感じる

f0305926_20170146.jpg
9月に入って上生菓子も秋らしくなった.
今年は例年より気温が低いので,この時期でも秋の趣を感じられるような気がする.
そんな趣の中,今回は菓匠 花見の上生菓子を頂いた.

いが栗

f0305926_20184131.jpg
まだ青いいが栗が表現されている.

粒あん.

栗の下にあんがある.

栗とあんのまわりは水あめと米粉を混ぜたものなのだろうか.

全体がこんなにしっとりしているのは初めてで,びっくりした.

しっとりが好みなので,おいしい.

葉っぱはて寒天.



桔梗

f0305926_20174712.jpg
いが栗と同じく葉っぱは寒天.

こしあん.

オーソドックスな味で,甘さも想像通りである.

桔梗の紫色は中(or あん?)の方が濃く,グラデーションというか,透けて見えるようなところが気に入った.



うさぎ

f0305926_20191767.jpg
こしあん

目は寒天.

しつこい甘さなどはなく,スタンダードなおいしさ.

うさぎは味より,かわいい見た目が売りであろう.

菓匠 花見の上生菓子は漫画チックなかわいい見た目のお菓子だと感じた.
特に女性や子ども向けにお土産にすると喜ばれそうである.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-09-10 20:20 | あれやこれ
<< 上生菓子に秋を感じる② 役行者と蔵王信仰 >>