上生菓子で夏花を愛でる2014 ①

先月,楽しんだ上生菓子たちである.

こちらは全て「鶴屋吉信 TOKYO MISE」(HPはこちら→ )にて購入した.


・朝涼し-あさすずし-

f0305926_18163706.jpg
まだ涼しい夏の朝,花ひらくアサガオを表現したとのこと.

:白あんは甘さ控えめであったが,少し舌に残るような印象だった.

牛皮が分厚いのでその分甘さがさらに抑えられているようだった.

寒天で瑞々しさを表現してるのが見た目に涼しい.


・紅花-べにばな-

f0305926_18165827.jpg
紅花の花を表現したとのこと.

:きんとん製粒あんとあって,「朝涼し」に比べると確実に甘い.

その分口どけがよいのですっきり食べられる.

こしあんだったら確実に私の好みだった.


・水ぼたん-みずぼたん-

f0305926_18171952.jpg
葛を使い,牡丹を水中花の様に見立てたとのこと.

葛製紅あんということで,紅あんはもう少し,甘味が抑えられていた方が好みではある.

口どけはいいのだが.

また,葛部分ももっとやわらかい方が好み.

葛がやわらかければあんの甘みもそこまで気にならないのかもしれないが.


以上.

八月の上生菓子も楽しみである.


[PR]
by Allegro-nontroppo | 2014-08-03 19:17 | あれやこれ
<< 何故,吉野が「聖地」となったのか? 「大和を掘る32 -2013年... >>